モバイルファン

IT関連を主に生活に役立つ情報をいろいろと。

ポイント還元率1.0%以上で貯めやすく使いやすいクレジットカード3枚

2019年10月から消費税10%になるにあたり、増税分の負担を軽減するために、キャッシュレス決済の場合、最大5%をポイント等で還元する施策が打ち出されています。
詳細は次の記事を参考にしてみてください。
tomine-blog.net

現在、現金・電子マネーQRコード・クレジットカードと多種多様な支払い方法が存在しています。
普段、現金しか使っていない人からすると、どれを使えばいいのか、どんなメリット・デメリットがあるのか、単純に怖いということで、結局現金を使い続けているのではないでしょうか?

ただ、消費税増10%後は、現金で支払っていると大損になります。
これを機会にキャッシュレスの支払い方法を持っていない方は、この記事を参考に使い方が簡単な高還元率のおすすめ3枚のクレジットカードを持ってみてはいかがでしょうか?

また、すでにクレジットカードを持っているけど、より還元率の高いカードに乗り換えたいと思っている方にもおすすめの内容になっています。

クレジットカードについて

クレジットカードとは?

簡単に言うと、カード1枚でその場で支払ができ、実際の支払いは翌月に行うプラスティック製のカードのことです。
大前提として、支払いを行う店舗がクレジットカード決済に対応しておかないといけません。

カード払いを行った翌月に実際に支払いが行われますが、カード契約時に支払いの引き落としを行う銀行口座の申請が必要です。
銀行口座・クレジットカードは、全て申し込んだ本人名義でないといけません。
例えば、銀行口座は夫の名前、クレジットカードは妻の名前では契約できません。(家族カードを使えば可能)

誰でも申し込めるの?

基本的には、安定した収入がある方のみ申し込みが可能です。
申込時に支払いが可能なのか審査が行われます。その審査に通らなければカードは発行されません。
パート・アルバイトなどをされてる方は、審査に通りにくいと言われますが、審査がゆるいカードもあります。

不正に使われそうで怖い

現金しか使っていない人からよく「不正に使われそうで怖い」と聞きます。
実際、クレジットカードの情報を盗まれて不正に使われる話はあります。
でも、カードを使った場合、購入履歴がカード会社に残るので、不正な利用と判断されれば持ち主に連絡が入ってきます。
ものによっては、不正利用額が返金されることもあります。
現金ではなくなると戻ってくることはほぼないので、その点カードだと安心です。

国際ブランドって?

レジやカードでよく見る「VISA」「MasterCard」「JCB」等のことです。
このブランドによって使えるお店の数が違ってきます。
基本的には、「VISA」「MasterCard」にしておけば心配いらないです。

ポイントが付いてお得?

カードによってポイントの付与率が異なります。
よくあるのが200円で1ポイント、ちょっと還元率が高くなると100円で1ポイントなどになります。
ポイントもカードによって仕組みがや使い方が異なるので、その辺をよく考えて選びましょう。
現金だとポイントは一切つかないけど、カード払いならポイントが付くので実質安く買えます。

ざっくりクレジットカードについて説明しましたが、世の中にはたくさんのクレジットカードがあります。
選択肢が多いとどれにしたらいいかわからないと思うので、管理人も実際に使っている高還元率のクレジットカードを3枚紹介します。
ぜひ、新規の方、乗り換えの方、検討してみてください。

REXカード

f:id:shinsuke789:20190515174142p:plain
REXカード
ジャックスカードが発行する通常使う分には最高還元率を誇るクレジットカードです。
還元率は「1.25%(2000円で25ポイント」でガッポリたまります。
家計用カードとしてメインで使うことをぜひおすすめします!

ポイントは月の支払額に対して計算されます。
Jデポというポイントが貯まり、1500Jデポ毎に交換が可能です。
交換すると自動的にカード支払い額に当てられます。

年会費、家族カード、ETCカードは無料です。
VISAで1枚、MasterCardで1枚の合計2枚持てるようです。(未確認)

ジャックスのカードでお得なのが「JACCSモール」というサービスです。
このサービス経由でAmazonなどの登録されているお店でジャックスカード支払いで買い物をすると追加でポイントが付与されます。
Amazonだと0.5%付与されます。

また、「J'sコンシェル」という福利厚生的なサービスもあり、こちらではnanacoギフト券が2%割引で購入可能です。
管理人は、ここでnanacoギフト券を購入し、nanacoにチャージして固定資産税・自動車税などのコンビニ支払い可能な税金を支払っています。
ただ、nanacoギフト券が1000円単位のため、万単位の税金だと登録が非常にめんどくさいのがデメリットです。

管理人は家計用に1枚(VISA)使ってます。

www.jaccs.co.jp

リクルートカード

f:id:shinsuke789:20190515174205p:plain
リクルートカード
還元率「1.2%」のクレジットカードです。

ポイントは月の支払額に対して1.2%(小数点以下切り捨て)で計算されます。
リクルートポイントが貯まり、それをPontaに交換することで実際に使えるようになります。
Pontaが使えるお店が微妙ですが、ローソンをよく利用する人ならローソンでの買い物が無料になりますね。

このカードの良いところは、nanacoのクレジットカードチャージでもリクルートポイントが付与されます。
ただし、いろいろ改定されて現在は3万/月までになっています。

年会費、家族カードは無料で、ETCカードJCBの場合無料です。
VISA/MasterCardで1枚、JCBで1枚の合計2枚持てます。

管理人は事業用に1枚(VISA)、nanacoチャージ用に1枚(JCB)使ってます。

recruit-card.jp

楽天カード

f:id:shinsuke789:20190515174224p:plain
楽天カード
テレビCMでもおなじみの楽天カードマンの還元率「1.0%(100円で1ポイント)」のクレジットカードです。

ポイントは月の支払額に対して計算されます。
楽天ポイントが貯まり、マクドナルドやミスタードーナツなど楽天ポイント加盟店で使えます。
楽天ポイントのいいところは、利用できる店舗数が多く使いやすことです。

楽天市場以外で使うとそんなにお得で少ないですが、楽天市場で0と5のつく日に楽天カードを利用して買い物をするとポイントが5倍になります。
基本的には楽天市場で買い物でキャンペーン等を利用したときに、他のカードを上回る還元率を得ることができます。

年会費、家族カードは無料で、ETCカードはプラチナ会員以上で無料になります。
持てるカードの枚数は、VISA1枚、MasterCard1枚の合計2枚、JCB1枚で合計1枚になります。
JCBで申し込んでしまうと、一旦解約しないとVISAとMasterCardは持てないので注意してください。
最初から2枚持ちたい場合は、VISAまたはMasterCardで申し込みましょう。

管理人は自分用に1枚(VISA)、家計用に1枚(mastercard)使っています。

次のリンクから申し込むと楽天ポイント1000円分もらえます。
キャンペーンのポイントを合わせると6000〜9000ポイントになります。
limited.rakuten.co.jp

カード3枚のまとめ

REXカード リクルートカード 楽天カード
還元率 1.25% 1.2% 1.0%
ポイント REX POINT
→Jデポ(支払い割引)
リクルートポイント
Ponta
楽天ポイント
ポイント期限 REX POINT: 2年
Jデポ: 3ヶ月
リクルートポイント: 1年
Ponta: 増減後1年
1年
交換手続き 必要 必要 不要
(要楽天会員登録)
年会費 無料 無料 無料
家族カード 無料 無料 無料
ETCカード 無料 VISA/Master 1000円(税別)
JCB 無料
プラチナ会員以上無料
それ以外500円(税別)
ショッピング保険 なし 100万 なし
初回特典(過去) 最大5000ポイント 最大8000ポイント 最大8000ポイント
所持可能枚数 VISA: 1枚
mastercard: 1枚
VISA/mastercard: 1枚
JCB: 1枚
(VISA: 1枚
mastercard: 1枚 計2枚)
(JCB: 1枚)

使い分け事例

家計用 REXカード
nanaco リクルートカード(JCB
自分用 リクルートカード(VISA)
楽天家計用 楽天カード(VISA)
楽天自分用 楽天カード(mastercard)

まとめ

高還元率かつポイントも使いやすい3枚のクレジットカードを紹介しました。
月々の支払いが多い場合は、REXカードにしてポイントをジャンジャン稼ぎましょう。
普段あまりお金を使わないという場合は、100円からポイントが付与される楽天カードがおすすめです。
使い分けも大事ですが、できれば1つに絞って使った方がポイントは貯まりやすいです。その辺は臨機応変に。
紹介した3枚のカードのうちどれかを持ってもいいし、全部持っても良いです。まだ持ってない方はぜひ申し込みを!