モバイルファン

モバイル・家電に関する役立つ情報をいろいろと。

WiMAX2+で3日10GBを超えた時の規制中の速度検証

PS4FF15同梱版が安く購入できたのでプレイしてみたのですが、早速FF15のアップデートに約20GBが必要となり仕方なくWiMAXで更新を行いました。

案の定というか確実に3日10GBを超えてしまったので、その時の規制速度を検証してみました。

規制前の速度

自宅では、窓際にルーターを設定しています。
接続台数は、1〜3台でほとんど管理人しか使ってません。
時間帯によっては、10Mbpsを下回りますが、普段は次のような結果でまあまあな速さです。



規制直後の速度

速度規制は、10GBに達した翌日の18:00〜翌2:00までとなっています。
www.uqwimax.jp

きっちり18:00から規制になるのかなと思ってたのですが、そうではなかったので少し驚きました。
説明をよく見ると「頃」と書かれているので曖昧なようです。


規制時間内の速度

規制開始時間帯になって、適当に速度チェックをしていると、19:30頃に規制が開始されました。

規則通り1Mbps前後でした。



規制時の感想

Webサイト

普段に比べると表示がもたつく感じで遅いです。
画像のサイズが大きいページだとダイアルアップの時のようにカクカクと部分的に表示されます。
Yahooの表示も少し遅かったです。

動画

動画は見れないことはないですが、再生ボタンを押してから動画が再生されるまで15〜20秒ほど待たされます。
その後は、バッファリングされるので途切れることはないですが、バッファリングが追いつかないときもあって途中で動画が止まったりします。

複数端末でのネット

帯域制限されているので、複数端末でネットをした場合、帯域不足でWebサイトが開かないくらいになり、使えたものではありませんでした。

まとめ

規制されると1人でネットをする場合は、速度の遅さに少しストレスを感じるものも最低限利用することはできました。

WiMAXを固定回線として家族で利用している場合、規制中はネットが使えないと思った方が良いでしょう。

18:00〜翌2:00の時間帯以外は、規制がないのでその時間帯に使うことが多い場合、そこまで気にする内容の規制ではないです。

この規制を考慮すると固定回線として使うのは、厳しいと感じました。
やはり家族がいて複数端末でネットしたり、ハードにネットをする場合は、光回線が良いと思いました。