モバイルファン

モバイル・家電に関する役立つ情報をいろいろと。

ラクマの売上金の振込申請期限は1年間なので忘れないように気をつけよう

楽天が提供してるフリーマーケットアプリ「ラクマ」は、手数料無料で出品ができます。
同様のサービスであるヤフオクやメルカリより出品にコストがかかりません。

手数料が無料ということで気楽に利用できるのですが、やはり注意すべき点があるので頭に入れておきましょう。

売上金振込の最低金額

ラクマでは、出金のことを「振込」と表現しています。

出品の手数料は無料ですが、出金時に一定の金額を満たしていないと振込手数料が発生します。

10,000円未満の振込申請 216円
10,000円以上の振込申請 0円

振込手数料が発生しないように売上が10,000円以上になるまで出金しないという方が大半だと思います。

実はこの仕組に罠があります。

ラクマの売上金振込の罠

先ほど述べたように、大半の方は振込手数料を発生させないように10,000円以上まで売上金を貯めます。

すぐに売れて金額も大きいのであれば全く問題ないのですが、売れる頻度・金額が少ないとなかなか10,000円に届きません。

売れる頻度が少ない、出品数が少ないとアプリを見る頻度も少なくなります。

売上金が計上されてから1年経過する直前に振込期限の通知が来ます。

アプリの利用ブランクがあると無視してしまう可能性が高いので、気づけば売上金の振込期限1年が経過し出金できず、売上金が消失するということになります。

これがラクマの罠になります。

ヘルプに説明はあるのか?

アプリ、Webのヘルプには、振込申請期限について説明があります。

振込申請期限は1年以内となります。
売上金として反映された日から1年が過ぎた代金は、振込申請および購入時の利用ができなくなります。

rakuma.rakuten.co.jp

まとめ

サービス利用時にヘルプを良く読みましょうということなのでしょうが、なかなかそういうわけにはいかないでしょう。

使いながら不明点があればヘルプを読むという感じだと思うので、気づかないものは一生気づかないと思われます。

ラクマでは売上金が計上されるとそこから1年が振込申請期限です。

ラクマからの通知はよく見るようし、売上金の消失を防ぎましょう。


これからラクマを始める方は紹介コードを入力することで楽天ポイント100ポイントが貰えますので、ぜひご利用下さい。
紹介コード「7ilSJPM3」