読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モバイルファン

モバイル・家電に関する役立つ情報をいろいろと。

SSD搭載のノートパソコンを10万円以下で購入する方法

パソコン

約3年前までCore i5搭載のノートパソコンが5万円位で買えていましたが、現在は円安の影響でパソコン価格が高騰しています。

最近では、HDDよりもSSDの方が高速ということが認知されてきており、SSD搭載のパソコンも発売されてきています。
SSD搭載パソコンは、容量が少なく価格も高いため、一般家庭で普通に利用する分にはなかなか買えないものです。

パソコン価格が高騰している中、SSD搭載パソコンを10万以下で購入する方法があるので紹介します。
ただ、パソコンに関する知識がないと厳しいので、パソコンに詳しい人にやってもらうことをおすすめします。

安いノートパソコンを探す

まずは自分の欲しいパソコンのスペックを満たした安いパソコンを探します。
旧モデルやアウトレット等、お店側が在庫をかかえていて売り切りたい、セールになっているものを狙います。

欲しいパソコンのHDDが取替可能かの確認も行います。
これはネットにある仕様や取扱説明書から推測します。
一部の薄型のモバイル機を除けば、ほとんどのノートパソコンでHDDの取り換えは可能です。

スペックの目安

パソコンに詳しくない方だと、何を買ったら良いか分からない、安ければなんでも良いと思われているかもしれませんが、長く使うにはある程度良い物を買っておいた方がいいでしょう。
安物買いの銭失いで、買い替え周期を短くするよりも長く使って費用を節約します。

CPU

Intel製だとCeleronPentiumCore i3などいろいろな種類のものがあります。
CeleronPentium搭載だとはかなり安くパソコンが変えますがオススメしません。
最低でもCore i3搭載のものを買って長く使えるようにします。

メモリ

ネットだけ、Excelだけなら4GBでも良いですが、長く使うことを考えると8GBをあった方が良いです。
パソコンはセール品を購入するので、8GB搭載しているものは買えないかもしれません。
4GB搭載のものを買って後で4GB増やすことも可能です。

SSDを選ぶ

Amazon等でSSD単体を購入します。

容量の目安は次のような感じです。

容量 価格 目安
128GB 約6,000円 安く抑えたい、そんなにデータを保存しない
256GB 約10,000円 普通にデータを保存する
512GB 約20,000円 HDDの代わりの容量が欲しい
1TB 約40,000円 完全なHDDの代わりで動画や画像をたくさん保存する

どのメーカーのSSDも良いですが、レビューで評判のいいもの、保証が長いものを選択します。
AmazonならTranscendSamsungが良いです。

HDDからSSDに換装する

パソコン購入時の段階で作業を行う場合、先にリカバリディスクの作成を行い、リカバリを行える状態にしておきます。

すでに使用されているパソコンの場合、必要なデータをバックアップしておきSSD換装時に初期化するか、現在のHDDをツールを使って丸々コピーします。

ネットの情報を参考にHDDを外してSSDに取り替えます。
パソコンを初期化して行った方が安全でもあるしSSDがクリーンになります。

あとは快適なSSD環境を満喫するだけです。