モバイルファン

モバイル・家電に関する役立つ情報をいろいろと。

ちょっと待った!IIJmioを契約する前に検討すべきSIMカード

IIJmioを契約しようと思っている方、同じIIJ回線を使用したサービスがあるのをご存知でしょうか?
今のところ2社ありますので、検討してみてください。

IIJmioの基本サービス

格安SIMカードでは業界の基準になっているような感じです。
この会社を選択しておけば間違いないでしょう。

回線の品質も良く、昼休み時間帯を除けばストレスなく通信ができます。
料金体系もシンプルで、プラン毎に無料データ量が提供されており、翌月まで繰り越すことが可能です。

無料データ量を使用している限り通信制限は発生しません。
通信制限モードの128Kbpsで通信した場合のみ、3日366MB制限が発生します。

BIG SIM

ビックカメラが提供している格安SIMカードです。
http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/index.jspwww.biccamera.com


IIJmioの基本サービスに加えて、公衆無線LAN「Wi2 300」が無料で利用できるところです。
wi2.co.jp


付属の無料データ通信枠では足りないことがある人には、この公衆無線LANを使うことで通信制限無しでネットが使えるようになります。
東京や大阪などの大都市では結構使える所があると思うので、普通のIIJmioを契約するよりもお得です。

以下のステッカーがはられているお店で利用可能です。
有名どころでは、BBモバイルポイントがあるマクドナルドです。
f:id:shinsuke789:20151209164143p:plain

ビックカメラの店頭で対面で契約が可能です。
ネットだけで注文するのが不安な方にもおすすめです。

IIJ BIC SIM音声通話パック

IIJ BIC SIM音声通話パック

DMM mobile

DMMが提供している格安SIMカードです。
mvno.dmm.com

業界最安値を謳っている会社で、他社が値下げを行うとそれに対抗しさらに安い猟奇に即対応してきます。

データ通信のみので、IIJmioのスタンダードプラン(3GB)とDMM mobileの3GBプランを比較すると次のようになります。

3GBプラン
IIJmio 900円
DMM mobile 850円
差額 50円

微々たる額ですが、最初から契約するなら安い方が良いです。
業界最安なので、契約中に勝手に値下げしてくれます。

IIJmioだとある時期にならないと値下げしないし、他社の出方を伺っているのでそう簡単には値下げには対応してくれません。

まとめ

同じIIJの回線を使用していますが、会社によって料金、サービス内容が異なります。
自分の利用環境にあった会社と契約するようにしましょう。

他社への乗り換えも良いですが、契約事に事務手数料の3,000円が発生します。
これを考慮してどのくらいの期間でペイできるかを計算してから乗り換えるようにしましょう。